破産申請まで訴訟の提起といった司法的手続きは許されています。そして破産申請の手順に進んだあと申し込みまでに余計な時間がかかってしまったときには債権人から訴えられる危険性が上昇します。債権保持人側にとっては債権の払込もされないまま重ねて自己破産といった作業もしないといった状況であれば業者の中での対応を実行することができないせいです。要するに審議が終わってどのような裁定が与えられようとも破産の申立者にお金を返す資金はないといえます。債権者もそれについては把握しており、訴えというような無茶なやり方で都合のいいように和解に持ち込んで完済させるなり負債者の親子や関係者に肩代わりしてもらうというようなことを目標にしている場面も見受けられます。平成17年からに改正の新しい破産に関する法律においては自己破産の申し立て後は差し押さえのような法律上の要請は実効性を失うことになりました。したがって、過去の破産法の時とは異なって訴訟などをしたとしても効果がないと考えられるということで実際に訴えをやってくる取り立て業者はほぼ全部消滅すると予想されます。その面でも平成17年の1月1日の改正以降、自己破産は過去と比べて利用しやすくなったといえます。支払いの督促の場合では支払督促と呼ばれているのは国が借金者に向けて残額の返金をするようにというものです。スタンダードな提訴をする際とは違い取り立て屋の一方通行な主張だけを聞くことで行うため通常の審理のように間隔と代金が大きくならないので、取り立て会社がよく用いる法律手段です。裁判所の督促の要請があると通知が配達される手順になってその書類が送られてから14日以上が経過すると、取り立て業者は借金者の資産(給与債権も対象とする)に差押え要請が実行可能になります。支払督促に対し異議の届出を送ることができる際は、オーソドックスな審議に移ることになります。(注意)普通な裁判は時間がかかりがちですから、免責まで決定が分からない可能性が高くなってしまいます。